工事中のマンション

初めてマンション工事を発注するオーナーに役立つ情報

作業員

賃貸マンションを新築して10年以上が経過したオーナーは、本格的な大規模修繕工事にも意欲的です。しかし業者によっては料金や施工内容が違うので、発注先探しで悩んでいるオーナーが多数いるのも事実です。けれども無料見積もりサービスを活用した後で、マンションの大規模修繕工事を専門業者へ依頼することも可能です。比較的新しい建物であっても点検を丁寧に行うことで、小さな不具合を見逃さずに質の高い工事が行えるようになります。築10年前後のマンションは新耐震基準を満たしているので、構造部分に問題があることは少ないです。しかし壁面のタイルが剥落したり、コンクリートにヒビが入っていることも考えられます。したがって足場を使って修繕工事を行う前に、打診などで丁寧に壁面をチェックするべきです。そして壁面の修理を終えた後で建物の外壁塗装工事を行うと、質の高い仕上がりを実現できます。建物の不具合を見つけて修理をすることも重要ですが、工事を依頼するときには入居率アップに役立つ施工プランを選ぶ必要があります。汚れが付きにくい塗料を活用してお洒落な外観に仕上げてもらったり、エクステリア工事にもこだわるのが、初めて修繕工事を発注する場合のポイントです。

長期契約に最適な業者を見つけて計画的にマンション工事を行う方法

賃貸マンションの経営者が、初めて大規模修繕工事を行うときには、20年先や30年先を視野に入れてプランを考えるべきです。したがってマンションの大規模修繕工事を専門業者へ依頼する場合には、長くお付き合いできる会社を見つける必要もあります。建物を丁寧に点検して施工プランを提案してくれると同時に、長期的な修繕計画も策定してくれる会社を選ぶのが理想的です。これまでの長期にわたる施工実績を調べると、賃貸マンションのオーナーが満足できる業者をすぐに見つけることができます。資産価値を維持することに加えて、稼働率を低下させないことが、賃貸マンションの修繕工事を実施する場合の基本です。したがって建物の長寿命化を実現すると同時に、入居希望者のニーズにマッチしたマンションを目指すことも大切です。快適性の維持に関するノウハウを持っている会社と契約を結ぶと、建物が古くなっても高い入居率を維持できるようになります。そして修繕工事後のサポートが充実した会社と長期契約を結ぶと、賃貸オーナーも安心して経営を続けることができます。特に小さな設備のトラブルにもスピーディーに対応してくれて、応急処置や各種修理工事の報告も丁寧に行う業者が好評です。

低料金の地元業者を活用したマンション工事のポイント

分譲や賃貸の種別を問わずに、小規模なマンションの修繕工事を行うときには、低料金の業者を見つけることが大きな課題です。とりわけ20戸未満の小規模な建物では、修繕用の積立金が十分に確保されていないケースが多いからです。しかし料金が割安な地元の専門業者へ依頼すると、低予算でも高い水準のマンションの大規模修繕工事が行えるようになります。問い合わせるとすぐに来てくれるのが地元業者の魅力であり、まず最初に無料見積もりをお願いするのがポイントです。そして積立金や利用可能な融資などに基づいて、予算の範囲内で実現可能なマンションの修繕工事のプランを示してもらうのが次の段階です。予算上の制約がある場合には、緊急性の高い部分を中心に工事を行うことも可能です。特にお洒落なタイル張りのマンションでは、外壁を点検して剥落のリスクを最小限に抑えることが重要です。また築30年以上で老朽化が著しく進んだ建物では、排水管関連のトラブルも増えてきます。排水管の洗浄や交換など、居住者やオーナーのニーズに合わせて最適な工事内容を選ぶことが大切です。事前に十分な調査を行って丁寧に見積もりを出してもらうと、追加費用なしで希望通りの建物の修繕が行えます。


長期契約に最適な業者を見つけて計画的にマンションの修繕工事を行うならブランコ工法を採用している【株式会社栄光】がオススメですよ!

オススメ記事

最新の情報

2019年07月12日
郊外のマンション工事の代表的な施工事例を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事を行うメリット2つを更新しました。
2019年07月12日
修繕のために行うマンション工事をスムーズに進めるには?を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事に関する税務上の取扱いを更新しました。